魅力的な京都らしい看板とはどのようなものか丁寧に説明します

京都 看板

国内の中でも最も人気があり、毎年多くの観光客が訪れる都市である京都は、歴史建造物が街のあちこちに点在し、落ち着いたたたずまいになっています。その町の魅力や雰囲気を失わないように、景観条例という条例が敷かれており、高層マンションや高層ビルの建築が規制されています。高層建築物が規制されているだけでなく、町行く人にお店の存在を知らしめる役割を果たす看板も、町の景観を損なわないものを設置しなければならないとされています。そのため、京都でお店を開く場合は、他の地域でお店を開く場合とは違った配慮が必要となります。条例に違反するものを設置してしまうと、景観に合うものに変えなければならないのと撤去する費用を自己負担で行わなければならないため、注意が必要です。

他の地域とは違う色合いが用いられている

例えば全国チェーンのお店の場合、他の地域では遠くからでも人目を惹くような原色の派手な色合いで作られていることが多いですが、京都のお店では他の地域とは違って少しくすんだ色や落ち着いた色が使われることが多いです。原色の赤ではなくえんじ色やえび茶色が用いられたり、白地を基調として筆文字のようなイメージの黒い文字で書かれているものなどをよく見かけることができます。土台になっている部分の材質も、木でできたものや木目調のものが用いられていたりすることも多く、瓦屋根が多い街並みの風景を壊さない工夫がされています。外観のみならず、店内も外観に揃えて木目を生かした風情になっていたり、落ち着いた雰囲気になっているところも多く、それぞれのお店でさまざまな工夫がなされています。

他とは違う看板は集客力アップに貢献する

京都の町を観光で訪れる人の楽しみ方は人それぞれ異なります。中には、他の地域とは看板がどのように違うのかという点に注目して、写真を撮りためている人も少なくありません。そうした人の目に留まるようなおしゃれで気の利いたデザインのものが作ることができたら、宣伝効果のアップにもつながります。最近は撮った写真を気軽にアップロードできるサイトもあり、若い人を中心としてにぎわいを見せています。誰かが撮影したおしゃれなお店の店先の様子が多くの人の目に留まれば、結果的にそこを観に行きたいと思う人が増えて、集客効果が上がることも期待できます。条例で規制があるため思うような色の看板が作れないと嘆くのではなく、その条例を逆手に取って他にはない、他では出せない魅力的なものを作るという考え方をしてみてはいかがでしょうか。